痛くない「ハイパースキン脱毛」とは

痛くない「ハイパースキン脱毛」とは

ハイパースキン脱毛は通常よりも弱い出力の光を照射する蓄熱式脱毛法です。

光脱毛だと60〜80℃ですが、ハイパースキン脱毛は36℃と体温とほぼ同じです。

そして、ゆっくりと熱を蓄積して与えていくため痛みを大幅に軽減できます。

このため、痛みがほとんどなく、子供から年配まで、幅広い年代の人が利用できます。

特に、痛みの感じやすいVIOやワキなどの太い毛が密集している部分も、痛みを最小限に抑えながら脱毛できるので、痛みに弱い人や皮膚が敏感な人でも受けられます。

照射のターゲットは発毛因子と呼ばれる細胞です。

発毛因子が分裂することで毛は成長しますが、ハイパースキン脱毛はこの細胞分裂を止めることで発毛を抑えます。

「毛が抜ける」というよりは「生えてくる量が減ってくる」という感じ方になります。

発毛の基盤となる細胞に働きかけて、徐々にムダ毛が生えにくくなる状態していくのです。

ただし、ハイパースキン脱毛はパワーが優しすぎるがゆえに、他の脱毛方法よりも時間がかかります。

施術後すぐに効果が現れないため、2〜3回程度にとどめると、「生えてくる」「効果なし」と感想を持つ人が多く、特に、脇やVIOなど毛が太い部位は時間がかかります。

 

サイトマップ