浮気のセフルチェック法

浮気のセフルチェック法

ある調査によると、既婚男性の内、約30%に浮気経験があり、約70%が浮気はばれたことがないと回答しているそうです。

最近どうも夫の帰宅が遅い。服装が派手になった。

浮気しているのでは?と疑い始めたら、次の項目をチェックしてみましょう。

■携帯メールをチェック

携帯メールからは、浮気相手の氏名や電話番号、会う日時、顔写真、浮気の証拠写真などが得られる可能性があります。

浮気をしているのではないかと思ったら、隙を見計らって携帯電話のメールをチェックしてみましょう。

■車をチェック

車は人目に付くことなく移動できるため、浮気には最も有効な交通手段です。

ダッシュボードやサイドポケットなどに入っている高速道路や給油、食事、買い物の際のレシート、領収書などを調べてみましょう

車の走行距離の確認も必要です。覚えのない遠出が増えているようでしたら、まず、怪しいと疑って良いかもしれません

カーナビには、目的地リストや走行データなどの履歴が残るものがあります。

ETC利用明細からも、いつ、どこに行ったのかが大体分かります。

■覚えのない買い物の明細書

クレジットカードの利用明細は、買い物した商品などの詳細を知ることはできませんが、一人で 行くはずのない店で買い物をしているといった状況は推測できます。

■同一番号への頻繁な通話

電話の通話明細からは、通話の日時、時間を知ることができます。

同じ番号と頻繁に通話しているとか、長時間の通話をしているのは、怪しいといえるでしょう。

■マーキングでチェック

相手の所有物を確認し、その内容をメモしておくことなどをマーキングといい、浮気しそうな日の直前に、相手の財布の残高を確認したり、お札に印をつけたりしておきます

そして、相手が帰宅した際に、今日、何をしたかをさりげなく聞き、再び財布をチェックして、印を付けておいたお札がなくなるなど、怪しい出費があった場合は、浮気を疑っても良いかもしれません。

■日記をつけておく

相手の1日の出来事、出掛けた場所、会った人の他、さりげない会話の内容などを日記にしておきましょう。

相手が嘘を重ねていけば、いつの日にか、日記の記述内容と矛盾することが出てきます。

東京探偵社blank

 

サイトマップ