離婚を有利に進めるには

離婚を有利に進めるには

婚姻関係を解消して離婚する場合の最大の関心事は、慰謝料と子供の親権でしょう。

自分が望む条件を勝ち取るためには、離婚を有利に進める必要がありますが、それには、離婚に至った原因が相手にあることを主張するための証拠が必要です。

明白な証拠がないまま離婚してしまうと、「性格の不一致」などで処理されることが多く、お互いに責任があると見なされて慰謝料などの請求ができなくなることもあります。

相手の浮気による離婚を主張したいのであれば、相手の不貞行為を明確に証明する必要があります。

判例が認める不貞行為の意味は狭くかなり限定されているからです。

ラブホテルに出入りしている写真とか、ラブホテルの費用を支払ったクレジットカードの履歴や請求書など、決定的なものでないと証拠にはなりません。

さらに、行為の回数も重要視されており、たとえ愛人とラブホテルに出入りしている写真を撮ったとしても、1回限りの行為ではなかなか証拠とは認めらません。

裁判の際に離婚原因として認められるためには、ある程度、継続的な関係を持っていなければならないからです。

携帯やパソコンのメール、一緒に写っている写真、手帳のスケジュールなどは、確かに交際していたという事実の証明にはなりますが、不貞行為の証拠にはなりません。

しかし、こうした状況証拠も無いよりはましです。メールのやり取りからでも、相手が不貞の事実を認めた場合には証拠となりますので、怪しいメールなどを見つけたら、その画面をカメラに収めるなどしておくと有効な材料になるでしょう。

ただし、証拠を集めるにあたって注意が必要なのは、証拠収集の手段や方法によっては法律違反と見なされて、証拠能力なしと判断されることもあることです。

そもそも、不貞行為の確固たる証拠を集めるのは素人では難しく、法律に抵触することなく効率的に証拠を集めるには、調査力のある探偵事務所に相談や依頼したほうが無難です。

東京探偵社blank

 

サイトマップ