アレルギーマーチとは

アレルギーマーチとは

アレルギーの症状は、アトピー性皮膚炎⇒気管支ぜん息やアレルギー性鼻炎へと変化していきます。

アレルギー疾患の多くは、乳幼児期のアトピー性皮膚炎は牛乳や卵を原因として始まり、これは、年齢とともに症状を変えながら繰り返し発症していきます。

幼児期に多い食物アレルギーは、牛乳や卵を原因として始まりますが、成長に伴って耐性を獲得するため、学童期までには80∼90%が自然に治ると言われています。

しかし、親から受け継いだ遺伝でアレルギーになりやすい体質の子供は、気管支ぜん息やアレルギー性鼻炎にもなりやすいと言われています。

このように、年齢とともに次々と症状が現れることをアレルギーマーチと呼びます。

アレルギーマーチは症状だけではありません。アレルギー疾患も、アレルギーの原因となる物質(アレルゲン)も年齢とともに卵・牛乳⇒ハウスダストやスギ花粉へと変化していきます。

乳幼児期は卵や牛乳といった食物性アレルゲンが主因ですが、成長と共に、ハウスダストやスギ花粉など吸入性アレルゲンが主体となります。

 

サイトマップ